以前紹介した「高杉真宙」に続き、また『スカッとジャパン!』から注目の俳優を一人紹介します。

もともと注目の俳優が多く出演する番組ですが、そのなかでも浦上晟周は他とはちょっと違う輝きを放っているように思うのです。

今回は、子役から大人へと成長中の浦上晟周について多いにスポットライトをあてていきたいと思います。

スポンサーリンク

櫻井翔イチオシ俳優の浦上晟周ってどんな人?

img_1639

引用元:http://ku-zu.blog.so-net.ne.jp/2015-04-05

 

名前:浦上 晟周
性別:男性
生年月日:1999年11月23日
出身地:東京都
身長:157cm
体重:43kg
足のサイズ:24cm
特技:ダンス
趣味:読書・イラストを描く

引用元:http://artist.amuse.co.jp/artist/uragami_seishuu/

櫻井翔とは、ドラマ『家族ゲーム』で共演することとなりました。

300人のオーディションのなかから抜擢された浦上晟周。

あ、ちなみに浦上晟周(うらがみせいしゅう)は、本名なんです。w

櫻井翔は「とんでもない優等生現る」と当時の浦上晟周のことをべた褒めしていました。

役では、おちこぼれの役でしたが、実際は、そんなことはなく、学業も俳優業も若いながらもしっかりとこなす姿をみて、べた褒めしていたそうです。

現役中学生の浦上は、櫻井との共演で同級生の女子から羨ましがられたと明かし「僕のところにメールが1日1通は必ず来る」と困惑気味。櫻井は「ついこの前までは関ジャニ∞の丸山くんとやっていたらしく、この前も丸山くんが楽屋にきた時には浦上くんの話をした。僕と丸山くんをつないでいるのは、もはや浦上くんです」とすっかりお気に入りの様子だった

引用元:http://www.oricon.co.jp/news/2023484/full/

そのときのイメージは本人がきっと思っているよりも?強く現在でも、「浦上晟周=櫻井翔のドラマにでていた人」と捉える人が多いようですね。

スポンサーリンク

スカッとジャパン!での活躍ぶりとは?

%e3%81%86%e3%82%89%e3%81%8c%e3%81%bf%ef%bc%94

引用元:http://ragori.com/659.html/

浦上晟周の知名度、人気を確立させたのは「スカッとジャパン!」です。

彼は「胸キュンスカッと」という名物コーナーで主演を演じることが多いです。

最初は、主人公を助ける王子様的ポジションだったんですが、最近では、主人公として相手役の女性などに助けてもらうポジションへと変わりました。

でも、キャラ的にそのほうがあっているのかもしれません。

そんなに、ブサイクだとは思いませんが、なぜかいつも、「イケメンではない」役ばかりです。

でも、その絶妙なポジションが逆に共感を呼び、感情移入もできやすいことから陣内智則も以前、「浦上くんの回はハズレがない」という発言をしています。

番組でリクエスト投票した際、浦上晟周が出演した話が選ばれた回もありました。

(その頃はまだ、主人公の相手役ポジションでした)

たまには、また主人公を華麗に助けるところを見たい気もしますが、イケメンが多いこの「胸キュンスカッと」のなかで、唯一イケメンではないポジションを演じているのは、大変貴重であり大役では思います。

子供から大人へ成長したと言われる理由

%e3%81%86%e3%82%89%e3%81%8c%e3%81%bf%ef%bc%93

引用元:浦上晟周Twitter

一番は「声変わり」じゃないでしょうか。w

「え?」って言われそうですが、現在17歳の彼は、15歳くらいのときにした声変わりの影響から「かわいい」が「かっこいい」に変わりました。

どうしても子役のイメージが強く声変わりに戸惑う人も多かったようですが、それにより大人の浦上晟周になれたようです。

とくに、「真田丸」での演技は、大変評価され、大人になると同時に、演技力の高さも評価されるようになってきたようです。

ちなみに彼のデビュー作は10歳のときに出演した「DOOR TO DOOR〜僕は脳性マヒのトップセールスマン」です。

この作品は、嵐の二宮和也が主演でした。

何か不思議な縁を感じますね。

スポンサーリンク

浦上晟周の今後の活躍と予想



引用元:https://www.youtube.com/watch?v=hB3Cu_I6nCE&t=52s

現在のポジションをうまいこといかせれば、今後もいろいろな役をこなしていける俳優さんとして活躍されるのではないでしょうか。

等身大で親しみが持てる人柄や顔立ちという俳優、彼の大きな武器となると思います。^_^

そして、これから先、どのうな成長を繰り広げていくのか親心のような気持ちで、見守っていきたいと思いました。