長友佑都と結婚のうわさがあり公私ともに絶好調な平愛梨….の妹である平祐奈は、「下手したら姉を超える人気者になるかも?」と言われているようです。

もうすぐイタリアに行くとされる姉の後をつぐ存在になるかもしれない平祐奈の魅力についてたっぷりとご紹介いたします。

スポンサーリンク

平祐奈は、姉より魅力的?注目されているワケ

平祐奈は、知らないうちに、母と祖母にオーディションに応募され、しかも合格してしまったことからまさかの芸能界デビューを果たすのです。

しかもまだ小学校6年生でした。

意外にも自分の意思ではなかったんですね。

%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%aa1

引用元:週間プレイボーイ

生年月日 1998年11月12日

出身地 兵庫県

血液型 O型

趣味 映画鑑賞・着物の着付け・ヘアアレンジ・ピアノ・

駄酒落を作る

特技 琉球舞踊・クラシックバレエ・トランペット

好きな学科社会・英語・美術

引用元:http://www.peach-inc.jp/sub/yuuna_taira.html 

 



引用元:https://www.youtube.com/watch?v=sJ2R1VwyMgk&t=51s

ブレイクの登竜門とされる『おはガール』に大抜擢され、「おはスタ」での活躍っぷりが平祐奈の知名度をかなり急速にあげました。

しかも2015年には『JKは雪女』でドラマ初主演を果たします。

以来、CM業や女優業を中心に立て続けに出演をしており、間違いなく近年のブレイク株とされています。

ちなみに芸能界で姉や兄以外に仲良しなのは、広瀬すずです。

スポンサーリンク

仲良しすぎる姉妹のとっておきエピソード

%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%aa%ef%bc%92

引用元:NEVERまとめ

実は、平家は、6人兄妹なのです。そのなかの実に3人が芸能人という家です。

(俳優の平慶翔が、兄)

平家は、なんと国内に6つも別荘を所有しているという正真正銘のお金持ちの家なのです。

いろんな意味でうらやましいですね。

そんななか、平愛梨と平祐奈はとても仲良しで、お互いのTwitterやブログでお互いのことをネタにしたりなどしょっちゅうしています。

平愛梨さんは、三番目、平祐奈さんは末っ子なのですが、2人の年齢差は実に14歳。

さぞかしジェネレーションギャップがあるのでは?とも思うのですが、そんなのは、全く感じさせないくらいとても仲良しです。

ペアルックでいることも多く、長友選手が平愛梨をアモーレと紹介した翌日の試合には、色違いのペアルックで試合観戦していました。

ちなみに、この2人、所属事務所が全く違うんです。

そのため、妹の存在を隠してきた平愛梨でしたが、2015年、「王様のブランチ」で紹介することになり、晴れて妹と公表ができた瞬間、平祐奈さんは、テレビを見ながら号泣したそう。

これから少しずつ共演が増えていくと良いですね。

平祐奈にアモーレはいるのか?

%e3%81%9f%e3%81%84%e3%82%89%e3%82%86%e3%81%86%e3%81%aa%ef%bc%93

引用元:zakzak

幸せをつかんだ姉の愛梨ですが、では祐奈のほうはどうなのでしょう。

実は一人だけ熱愛になった人物がいます。

それがジャニーズJr.の田中樹です。

しかし、ただ、番組で共演したことがきっかけで噂になっただけでどうやら事実ではないようです。

それもそのはず。実は平家鉄の掟「20歳までは恋愛禁止」というルールがあるのです。

ええ!!びっくりですね。

絶対モテそうなのに、男性っ気がないのは、こういうことだったのかもしれません。

現在17歳ですので。

スポンサーリンク

平祐奈のこれからについて



引用元:https://www.youtube.com/watch?v=X-Oixh-fM6U

平愛梨、平祐奈は、姉妹ではありますが、それぞれ芸能界において、別の役割を担っている存在のような気がします。

同じようで同じではないところが最大の魅力であり、憎らしいほどおもしろいところではないでしょうか。

平祐奈は、一見どこにでもいる子のように見える庶民感、フレッシュで透明感が強いところがかなり高く評価をされているようです。

濃いまゆげも普通なら恥ずかしいはずなのに、むしろ武器にしていることでより、素朴感を感じます。

その等身大の魅力はきっと時姉にも勝る大きな力となるでしょう。

まだまだその可能性は未知数で、これからです。

だからこそ、これから先、平祐奈がどのように化けるのか、どんな進化を遂げるのかすごく楽しみでなりません。

それを今はただ。見守っていきたいと思うばかりです。